むだ毛処理のエチケット。あなたは大丈夫?気づかないところで見られています!

電車のつり革を握っているときや、シャツの間から一瞬ワキが見える時など気づかれていないと思っていても、脇毛の処理が出来ていないと見られています!

TOP > 美容外科 > 脱毛 > レーザー脱毛 > 数回に渡って行うレーザー脱毛

数回に渡って行うレーザー脱毛

たった一度のレーザー脱毛できれいになる事ができればいいのですが、実際には難しい様で、きれいになるまでは、何度も通ってレーザー脱毛を受けないと難しいみたいですね。レーザー脱毛のために美容外科やエステなどに通う予定であれば、最初に何度か通わないといけないという事も頭に入れておく様にしたいですね。

レーザー脱毛と言っても、美容外科で行われているものと、医師のいないエステなどで行われているものは異なります。安全性などをしっかりと把握した上で自分はどの様なレーザー脱毛を受けたいのかという事を明確にしたいですね。自分でも詳しい施術の方法などについて調べてみるのもいいかもしれませんね。

剛毛こそレーザー脱毛で施術

毛深い等、剛毛が生えていると脱毛して効果があるのか不安になってしまいます。しかし、レーザー脱毛は、黒い色に反応するレーザーを使って施術をするので、濃い毛の方がより反応しやすいという特徴があります。

ですから、剛毛で悩んでいる人こそ施術を受けた方が効果を得られます。レーザー脱毛は、毛根を破壊することで毛がはえてこないようにする方法です。そのため、施術した後の毛穴が小さく引き締まり、仕上がりがきれいというメリットがあります。産毛であっても日本人の場合は黒いので、脱毛することでお肌の色が一段明るくなります。

レーザー脱毛で永久脱毛状態になるまでの回数

レーザー脱毛で永久脱毛状態になるまでの回数には、個人差があります。永久脱毛状態をどうとらえるかにもよります。自己処理がいらなくなればいいという場合は、少ない回数でも済むでしょうが、ツルツルの無毛状態になりたいという場合は、ある程度通う必要があります。

体毛の多い少ないにもよります。医療レーザー脱毛で設定されている永久脱毛コースは、だいたい5回から12回というものになっています。5回で十分という人もいれば、12回でも間に合わず、無制限コースを希望する人もいます。永久脱毛は毛周期に大きく影響されますので、それに合わせて考えることになります。

レーザー脱毛中の日焼けは禁忌

レーザー脱毛で永久脱毛状態になるには、およそ2年ほどかかります。その間は日焼けは禁忌です。レーザー脱毛では、黒い色に反応して熱を生む光を利用しています。日焼けして肌に黒っぽい色素が増えると、肌にも発熱してしまいます。

そうなるとやけど状態となり、肌が赤くなってしまうことがあります。その肌に紫外線を当てたりしたら、シミになって残ってしまう可能性があります。レーザー脱毛に取り組んでいる期間は、施術前であれ施術後であれ、日焼けは禁忌であり、なるべく日光を避けて過ごすことが大事です。日中は、なるべく出歩かないようにしましょう。

むだ毛・レーザー脱毛について

MENU

TOP 脱毛 レーザー脱毛 脱毛サロン 豊胸 脂肪吸引 美容外科 大阪の美容外科 二重まぶた 隆鼻 鼻整形 豊胸手術 脂肪吸引大阪

豊胸手術、脂肪吸引、鼻整形・隆鼻、二重整形・二重まぶたなどの美容整形、脱毛サロンの情報を参考に大阪、東京の美容外科探しにご利用ください。

美容外科クリニックの医師が作成しておりません。誤っている箇所があるかもしれませんのでご了承ください。豊胸手術、脂肪吸引、鼻整形・隆鼻、二重整形・二重まぶたなどの美容整形、脱毛サロンの情報は参考程度にご利用ください。

むだ毛処理の種類

脱毛サロン

美容整形・美容外科

二重整形・鼻整形・隆鼻

脂肪吸引・豊胸